鎌倉の観光モデルコースや観光スポットを掲載しています

四季折々みどころいっぱいの古都鎌倉と江ノ島

鎌倉ってどんなところ?

・鎌倉ってどんなところ?

鎌倉といえば京都・奈良と並ぶ日本三大古都のひとつ鶴岡八幡宮に鎌倉大仏と江戸時代からの観光地。

>> もっと詳しく

鎌倉って人気スポット

・おすすめの観光時期?

東京に近い観光地として年間を通じて多くの人が訪れる人気スポット。観光客は1.6.8.11月が多いよ。

>> もっと詳しく

鎌倉ってどこから回る

・どこから回るのがおススメ?

横須賀線などを利用して北鎌倉から円覚寺、建長寺をはじめ徒歩で鶴岡八幡宮をめざすのが一般的です。

>> もっと詳しく

車で行っても大丈夫?

・車で行っても大丈夫?

観光地鎌倉市内は慢性的な渋滞で駐車場のある寺社も限られていて車での観光はおすすめ出来ません。

>> もっと詳しく

ここだけは外せない 鎌倉1.2.3.+江の島

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

源氏の守護神を祀る鶴岡八幡宮は古都鎌倉のシンボルです。1191年源頼朝公が上宮・下宮を有する現在の姿に整え 鎌倉の街づくりの拠点としました。流鏑馬や相撲、舞楽などの神事、行事を興し武家精神の拠り所として多くの信仰を 集めています。
鎌倉大仏

鎌倉大仏

700年以上、静かに瞑想を続ける鎌倉大仏は多くの人たちに親しまれています。元々は金箔で覆われて大仏殿の中に 安置されていましたが度重なる天災で倒壊し室町時代に現在の露座の姿となりました。美男で知られる大仏は鎌倉 唯一の国宝仏で鎌倉の顔。
江ノ電

江ノ電

鎌倉の街並みを縫うように走りながら湘南の海まで運んでくれる江ノ電。江ノ電鎌倉駅から藤沢駅間の15駅 を34分で結び海沿いの絶景など見所満載です。近年テレビドラマの舞台やCM撮影など全国的に注目された 鉄道ファン憧れのローカル線です。
江の島

江の島

藤沢市にある湘南の一大名所、江の島です。江島神社を中心に水族館・スパ施設の遊びスポットから岩屋 などの景勝地まで見どころ満載です。江ノ電江ノ島駅から徒歩で歩きながら楽しめます。因みに江島神社 参道の商店街はレトロナな独特な風情です。

まだあるある 鎌倉の人気スポット

鶴岡八幡宮の源平池 鶴岡八幡宮の源平池を愛でる --度量のなさよ、天下人、、、、器が小さいぞ--
鎌倉大仏さまの胎内めぐり 鎌倉大仏さまの胎内めぐり --補強の様子など外から拝むのと違った大仏さん--
鎌倉のパワースポット 鎌倉のパワースポット--銭洗弁財天、佐助稲荷神社、浄智寺ご利益金運アップ--
舞殿を仰いで静御前を想う 舞殿を仰いで静御前を想う --白拍子、今様宝塚のトップスターといった処?--
長谷寺の眺望と散策路を行く 長谷寺の眺望と散策路を行く --鎌倉で一番人気のアジサイ花の名所です--
源頼朝の墓の前で思う 源頼朝の墓の前で思う --質素な本当に天下人の墓なのだろうかと、、--
源頼朝の墓の前で思う 源頼朝の墓の前で思う [奥州番外編] --弟義経が自刃した平泉から東に10km--

鎌倉 春夏秋冬お寺花めぐり

鎌倉 春夏秋冬お寺花めぐり

春爛漫は桜572

3月弥生 4月卯月 5月皐月
桜/椿/桃/ボタン/藤/山吹
鎌倉の春はシダレザクラに始まってソメイヨシノまで寺社境内は爛漫とした雰囲気に包まれます。 北鎌倉駅周辺の円覚寺や東慶寺、鎌倉駅に近い鶴岡八幡宮や段葛、長谷周辺の長谷寺や光則寺などが有名です。
鎌倉 春夏秋冬お寺花めぐり

初夏アジサイの道

6月水無月 7月文月 8月葉月
アジサイ/イワタバコ/ハナショウブ/サツキ
鎌倉を代表する花、アジサイ。6月になると初夏の鎌倉を紫色のかわいらしい花が彩り始めます。 見どころは明月院を中心とした北鎌倉エリアと、長谷寺や成就院のある長谷エリアです。
鎌倉 春夏秋冬お寺花めぐり

晩秋紅葉の道

9月長月 10月神無月 11月霜月
紅葉/ハギ/ヒガンバナ/ススキ/キバナコスモス
鎌倉の紅葉は11月中旬ごろから12月下旬にかけてが見頃で鎌倉全域が美しく染まります。 特に北鎌倉を中心とした寺社や、源氏山周辺が主な見どころです。
鎌倉 春夏秋冬お寺花めぐり

冬ウメ漂う道

12月師走 1月睦月 2月如月
梅/スイセン/ロウバイ/サザンカ/水仙/ロウバイ
2月の中旬ごろから、ちらほらとウメの花便りが聞こえてきます。 清楚なこの花は寒風の中、鎌倉の春を告げるに、ふさわしい使者です。 その他スイセン、ロウバイなど冬から早春にかけて寺社境内を彩ります。

頼朝とゆかりの人たち

スポンサードリンク


長谷駅周辺 寺社

腰越駅周辺 寺社


鎌倉観光マップのPrint
鶴岡八幡宮観光マップのPrint
高徳院観光マップのPrint
円覚寺観光マップのPrint
建長寺観光マップのPrint
長谷寺観光マップのPrint

↑ PAGE TOP